トップページ > 記事タイトル

自己処理の弊害

自己処理は最大の悩みです。
剃刀や毛抜きの使用は、コストがかからないし、自分でいつでもできます。
しかし、困った事に毛が生えてきたらまた処理をしなくてはならないため、同じことを繰り返すので切りがありません。
自己処理にかける時間を他のことに回したいと思ってしまいますね。

自己処理することでの弊害は色々あります。
剃刀の場合、切り口が太くなり、毛が濃くなったように見えること、剃刀負けをしてしまい皮膚を傷付けてしまうことから、色素沈着や黒ずみ等のリスクを引き起こす原因にもなります。
肌にもかなりのダメージを与えてしまうので、注意が必要です。
剃刀で自己処理した後の生えかけ時のチクチクした感じが、とても不快に思う方が多いと思います。

一方、毛抜きを使用し続けると、手間がかかる上に痛みがあり、炎症や化膿を引き起こす可能性、また埋没毛の原因にもなります。

その他、除毛クリーム等ありますが、敏感肌の方はすぐに肌が荒れてしまうため使用できないです。 

以上の悩みを解消するため、今脱毛はとても人気です。

費用が高く完全に毛が無くなるまで時間がかかりますが、一生自己処理する手間が無くなり、ツルツルした肌が手に入るので、もう体毛を気にせずに済むし、自信が持てます。