トップページ > 記事タイトル

海外の脱毛事情

近年、日本では脱毛が流行していますが、海外ではどうなのでしょうか。

欧米人は美意識が高く、ムダ毛の処理をすることは当たり前になっています。
VIOの毛は処理することが当たり前と良く聞きます。
ヨーロッパ人は、脱毛に関しては特に興味が無く、生えたままが当たり前となっているそうです。

また、知人に中国人がいますが、脱毛には関心が無く、生まれたままでいることが自然だと思っているそうです。

また、イスラム圏では、宗教上の理由で脱毛をしているので、国によって脱毛事情が異なっていることが分かります。 

多くの欧米人は、ワックス脱毛をしています。
一時的な自己処理ですが、こまめにやるそうです。
中には、レーザー脱毛をする方もいますが、例えば、日本の脱毛機器は、メラニン色素に反応して毛根にダメージを与えて行く脱毛方法であるため、毛の色素が薄い欧米人にとっては効果がありません。
欧米人は、毛質も薄く肌の色も白く、肌質も強いため、かなり出力の強い脱毛レーザーを当てることが可能になります。

強い出力のレーザーを当てても肌にダメージがありませんので、十分な脱毛効果が得られるはずです。
逆に言えば、日本人が欧米人が使用するレーザー脱毛をしたら、凄いダメージを肌に与える事になるので、海外で脱毛はしないことです。