トップページ > 記事タイトル

毛周期とは

人間の体毛は、今生えている毛が抜け落ちて次の毛がまた生えてくるというサイクルを繰り返しています。
これを毛周期と言います。

毛母細胞というものが活発に分裂をし始めると毛が生えます。
分裂が衰えて停止すると毛が抜け落ちるというように、毛はこのような繰り返しをしながら生え変わっています。 

毛周期には、3つの時期があります。

今生えている毛が伸びている状態を成長期と言います。
また、成長を終えた毛が抜け落ちるまでを退行期と言い、毛が抜けてから次に生えてくる毛までの期間を休止期と言います。

成長期の時に脱毛をすると効果があります。
また、この周期の長さは、部位によって異なっています。

一番周期が長い部位は、髪の毛と言われています。
通常、生えてから3~6年程は抜けません。

一番周期が短い部位は、眉毛です。
3ヶ月程度で生え変わります。

脱毛部位では、脇や、腕、脚の成長期が平均2~5ヶ月、休止期が2~4ヶ月に対して、Vラインの成長期は1~2年、休止期1年と、Vラインは成長期と休止期がどちらも長いです。

また、髭は成長期が1年、休止期2~3カ月なので、成長期の時期が長いので脱毛効果が最も早く出る部位と言うことが分かります。 

このように、脱毛をする前に、毛周期について知っておくと脱毛を理解できると思います。